2018年08月19日

金次第

阿川佐和子の”看る力”と言う本を読み終わった。
介護についての対話集なんだけど、介護突入世代なので、興味深く読むことが出来た。
前々から娘に”お母さん、介護の沙汰は金次第だよ”と言われて来たけど、この本の中にも”老後の沙汰は金次第”みたいな話が書かれていて、うーん、とうなるマダムだ。
自分や家族が望むような介護を求めると、それなりにお金がかかるということだ。
どのくらいの介護が必要になるかなんて先のことがわからないから、どのくらいあればいいのか?わからない。ピンピンコロリと逝きたいものだけど。
親の介護のことばかり考えるけど、そろそろ自分も介護される側に近づいていることも忘れてはいけないね。
とほほ。
posted by ひさりん at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記