2018年01月08日

選択理論心理学を学ぶ

冬休み最後の一日、選択理論心理学のワンデーセミナーに参加してきたマダムである。
選択理論心理学とは、アメリカのグラッサー博士が提唱した心理学で、”より良い人間関係を築く手法”として高い評価を得ているもの。
高校時代の後輩Y子ちゃんが講師を務め、選択心理学の入り口をのぞかせてもらったマダムである。
自分の考え方の癖や、何が満たされると自分は満足できるのか、考え方の良い習慣など、盛りだくさんの学びでおなか一杯になったマダムである。
座学だけでなく、ロールプレイでクライアントの役やカウンセラーの役を演じることで、カウンセラーさんたちの大変さを身にしみて感じることができた。明日仕事に行ったら、カウンセラーさんを尊敬のまなざしで見つめてしまうこと間違いなしだ(笑)。
さて、明日から仕事開始。長かった冬休みも終わればあっけない。
寝正月だったことが悔やまれるマダムだ。
posted by ひさりん at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記